カテゴリ:山スキー( 234 )

1月27日  白木峰

f0223068_08492658.jpg
Vector glide Bold light
Crispi Evo
M equipement MEIDJOがパウダーでは雪がついてロックしなくなってしまい
結局ウォークモードのヒールフリーでアルペン滑り

by sinoyosi | 2019-01-27 08:48 | 山スキー | Comments(0)

1月14日 神奈山

f0223068_16300167.jpg

G3 FINDr86 XCD
Scarpa Tx pro

by sinoyosi | 2019-01-14 16:29 | 山スキー | Comments(0)

1月6日  仁王山

f0223068_13404752.jpg

f0223068_13410933.jpg
f0223068_13413139.jpg
f0223068_13424261.jpg
f0223068_13430479.jpg
f0223068_13432462.jpg
f0223068_13434498.jpg
f0223068_13444524.jpg
f0223068_13450931.jpg

by sinoyosi | 2019-01-06 13:39 | 山スキー | Comments(0)

1月28日  牛嶽

f0223068_12253220.jpg
鍋谷集落入口まで除雪されていた
公民館前に駐車して出発

f0223068_12262824.jpg
サラサラの新雪でくるぶしほどのラッセル

f0223068_12272941.jpg
伐採大斜面

f0223068_12284791.jpg
素晴らしい

f0223068_12292001.jpg
時折日が差すが気温は低い

f0223068_12301738.jpg
トイレもほぼ埋まっている

f0223068_12312158.jpg
頂上手前の雪庇

f0223068_12315615.jpg
鳥居の頭は出ているが周りの雪はそれより高い

f0223068_12323322.jpg
祠も埋まっている

f0223068_12333183.jpg
頂上から北尾根

f0223068_12342177.jpg
面ツルパウダーを頂く

f0223068_12360362.jpg

f0223068_12373423.jpg

f0223068_12391742.jpg

f0223068_12400551.jpg
ここでこれほどいいのは初めて

by sinoyosi | 2018-01-28 12:24 | 山スキー | Comments(0)

12月31日  早月尾根

f0223068_07303499.jpg
スキーを担いで早月小屋アタック
今年は雪が多く登山口からしっかり雪がついている
先行1パーティ
松尾平

f0223068_07333634.jpg
途中で先行パーティを追い越す
ここまでは穏やかな天気だった

f0223068_07350925.jpg
1400あたりから風が出てきて
時々ブリザードみたいに吹雪く

f0223068_07363413.jpg
登り始めて4時間で1700の平坦地
ここで登行終了

f0223068_07381053.jpg
本峰はガスの中

f0223068_07390152.jpg
富山平野と富山湾

f0223068_07395732.jpg
面ツルパウダーを頂く

f0223068_07405867.jpg
尾根筋を外さないように滑る
池谷側には雪庇が出来ていて時々亀裂が走る
テレマークで会長に遅れないようついていく

f0223068_07433886.jpg
下部は重くなるがそれでもスキーは早くて楽
松尾平で1回スキーを担いで登り返し
馬場島荘まで滑ってこられた

f0223068_07460306.jpg
昼には馬場島荘できのこ蕎麦で飲み始める
警備隊にも遊びにいく
追い越したパーティは途中で引き返していた

この日早月小屋からアタックしたのは魚津岳友会とベルニナ山岳会
岳友会は2400までで引き返しベルニナはビバーク

f0223068_07503873.jpg
テントに戻って夜まで飲み続けた








by sinoyosi | 2017-12-31 07:29 | 山スキー | Comments(0)

6月4日  立山

f0223068_12215088.jpg
室堂はガスで小雪が舞っている

f0223068_12231155.jpg
室堂山荘からブル道沿いに雷鳥沢へ滑り込む
小屋の裏からノルディック集団が現れ雷鳥沢へ滑っていった

f0223068_12255970.jpg
2日前の降雪で雪面は綺麗だが
フラットライトで雪面がわからない

f0223068_12274707.jpg
雷鳥沢
縦溝が激しい

f0223068_12284683.jpg
ノルディック集団は高校生
一緒に雷鳥沢を登る

f0223068_12295959.jpg
急登もスケーティング

f0223068_12310417.jpg
雷鳥沢上部は少しクラスト

f0223068_12322590.jpg
剱御前小舎で休憩しガスが晴れるの待つ

f0223068_12344786.jpg
面ツルの雷鳥沢へ

f0223068_12355906.jpg
浅いパックスノーで快適

f0223068_12375110.jpg
この時期こんないい条件は初めて

f0223068_12394280.jpg
f0223068_12422135.jpg
下部の縦溝も埋まっている

f0223068_12460139.jpg
上を振り返る

f0223068_12472078.jpg
下部は少しストップ雪

f0223068_12484981.jpg
室堂山荘へ登り返し

f0223068_12502090.jpg
室堂山荘に挨拶して帰った
まだまだ滑られるがこれでスキーは終了

by sinoyosi | 2017-06-04 12:20 | 山スキー | Comments(0)

5月28日  薬師岳

f0223068_12512286.jpg
薬師平への登り

f0223068_12530015.jpg
薬師平から上ノ岳

f0223068_12541174.jpg
肩の小屋から右俣

f0223068_12555253.jpg
避難小屋から東南尾根
黒岳 槍ヶ岳

f0223068_12570934.jpg
偽薬師

f0223068_12574824.jpg
薬師岳山頂

f0223068_12583156.jpg
金作谷カールへ

f0223068_13010789.jpg
f0223068_13023377.jpg
f0223068_13030164.jpg
f0223068_13034699.jpg
f0223068_13042608.jpg
シールで登り返し

f0223068_13050991.jpg
金作谷カールと北薬師

f0223068_13074398.jpg
避難小屋から肩の小屋へ

f0223068_13094252.jpg
薬師平へ

f0223068_13102388.jpg
小屋でラーメンを頂いて下山
これで今シーズンのスキーは終了

by sinoyosi | 2017-05-28 12:49 | 山スキー | Comments(0)

5月27日  太郎平小屋

f0223068_12293386.jpg
営業前の小屋にお邪魔してきた
折立から板と靴を担ぐ

f0223068_12304982.jpg
アラレちゃんを過ぎドラえもんの手前からシール登行

f0223068_12324357.jpg
積雪計ポール手前から雪が消える
しばらくしてまた雪上を行くがだらだら坂は雪はない
左側を巻けば雪が繋がっているのはわかっていたが
遠回りになるしガスが濃くルートを外したくなかったので
板を手に持ってそのまま夏道を登った

f0223068_12385793.jpg
だらだら坂から上は小屋まで雪が繋がっている
小屋に着くまでずっとガスだった

f0223068_12403117.jpg
4時間かかって小屋に到着
さっそく小屋の皆さんと宴会
薬師沢の岩魚で骨酒

f0223068_12415590.jpg
行者ニンニクはそのまま味噌をつけて
岩魚も行者ニンニクもスタッフが決死のおもいで渡渉して採ってきてくれたもの
有難く頂いた

by sinoyosi | 2017-05-27 12:28 | 山スキー | Comments(0)

5月21日  鑓ヶ岳

f0223068_12191441.jpg
猿倉荘から登山道を歩く
林道に上がるところに残雪
林道も所々残雪あり

f0223068_12204441.jpg
登山口からしばらくは雪がない

f0223068_12213413.jpg
猿倉台地から雪は繋がる
藪が起き始めていて煩い

f0223068_12333515.jpg
小日向のコルへ

f0223068_12344088.jpg
小蓮華山と金山沢

f0223068_12355273.jpg
白馬岳

f0223068_12363718.jpg
コルから鑓ヶ岳

f0223068_12372378.jpg
湯ノ入沢源頭部へ滑降

f0223068_12391373.jpg
鑓温泉へ

f0223068_12402085.jpg
鑓温泉

f0223068_12412783.jpg
更に上へ
シールの接着面がびしょびしょになってくっつかなくなってしまいシートラーゲン

f0223068_12435068.jpg
稜線近くでは湿雪ラッセルとなり消耗

f0223068_12452279.jpg
稜線直下で登山道に合流

f0223068_12462138.jpg
稜線に出たところ

f0223068_12473706.jpg
6時間半かかって鑓ヶ岳頂上

f0223068_12500684.jpg
杓子岳 白馬岳

f0223068_12505568.jpg
立山 剱岳

f0223068_12524762.jpg
唐松岳方面

f0223068_12533010.jpg
頂上より少し下がったところからエントリー

f0223068_12543971.jpg
大斜面を滑降

f0223068_12555158.jpg
フラットで緩んだザラメ

f0223068_12573485.jpg
デブリもなく比較的きれい

f0223068_12580592.jpg
鑓温泉
以前はとても熱かったがこの日はちょうどいい湯加減
温泉から上がるとどっと疲れが出て脚が重くなった
小日向のコルへの登り返しがいつもながら辛い
f0223068_12592568.jpg
最後猿倉台地へは降りず長走沢を滑った
林道手前で流れが出ているが林道まで滑ることができ
林道も路肩に残った残雪を繋いで登山口近くまでスキーで行けた
今週はもう無理だろう

by sinoyosi | 2017-05-21 12:21 | 山スキー | Comments(0)

5月14日  御山谷 浄土山

f0223068_12242241.jpg
7時20分のケーブル
9時前スタート
すでに雪は緩んでいる

f0223068_12253682.jpg
祓堂から一ノ越への登り
雪が多く雪面もきれい
傾斜も緩くなっていて
例年ガリガリで苦労するところも
シールでクトーなしで直登

f0223068_12300414.jpg
1時間弱で一ノ越

f0223068_12312679.jpg
御山谷へ滑降
広大な斜面
きれいな雪面
よく滑るザラメ

f0223068_12361415.jpg
f0223068_12370838.jpg
左に東一ノ越へのトラバースルート

f0223068_12395855.jpg
f0223068_12413518.jpg
f0223068_12432359.jpg
2000まで滑って終了

f0223068_12442672.jpg
右が御山谷 
左が鬼岳と獅子岳へのコルに突き上げる谷

f0223068_12460698.jpg
御山谷登り返し
広大な御山谷
行っても行ってもなかなか景色が変わらないので疲れる

f0223068_12480383.jpg
龍王岳東面

f0223068_12484080.jpg
鬼岳 獅子岳

f0223068_12493901.jpg
一ノ越から浄土山へ
途中5メートルほど雪切

f0223068_12510348.jpg
浄土山 山頂

f0223068_12544268.jpg
北面の急斜面に飛び込む

f0223068_12561624.jpg
f0223068_12572229.jpg
下部はここだけストップ雪

f0223068_12584163.jpg
室堂まで滑り込んで終了

f0223068_13000559.jpg
ターミナルは外国人観光客で大混雑
日本人は1割ほど
ケーブルの整理券も出て美女平でしばらく待たされた
もうアルペンルートはいいかな


by sinoyosi | 2017-05-14 12:22 | 山スキー | Comments(0)