9月17日 薬師沢

f0223068_12441044.jpg
小屋の皆さんと記念撮影
昨夜飲みながら
雨続きで釣り人が入っておらず明日は雨上がりでイワナも腹をすかせていてライズしまくるから爆釣だと聞かされ
みんなには申し訳ないが一人薬師沢を釣り上がることに

f0223068_12482539.jpg
雨上がりの木道を第三渡渉点まで

f0223068_12493292.jpg
左俣を遡行するみんなを見送って左俣を下降

f0223068_12522157.jpg
薬師沢右俣出合

f0223068_12535021.jpg
薬師沢中俣

f0223068_12543310.jpg
竿を出すが全く釣れず
いくつか魚影は見えたのでいないわけではない
スレてしまって反応しない感じ

f0223068_12574527.jpeg
第一渡渉点からテント沢を遡行してようやく1匹釣れかろうじてボウズは免れた
テント沢もちょっと高巻くところにもしっかり踏み跡がついていて
この夏だいぶ釣り人が入って釣られてしまったようだ
遡行中は晴れ間も見えていい天気だったが小屋からは雨の下山
これで今シーズンの釣りは終了



# by sinoyosi | 2018-09-17 12:43 | テンカラ | Comments(0)

9月16日  薬師沢小屋

f0223068_12312149.jpg
天気予報が悪いが山はとりあえず行ってみないと
今日は薬師沢小屋まで
よければ黒部川で釣りをしようと竿を持ってきた
朝5時半にゲートに着くと1番目
折立もガラガラ
登り始める頃雨もあがった
湿度が高く蒸す
時々雨に降られた

f0223068_12361740.jpg
太郎平小屋
食堂外の庇は先日の台風で一瞬で持っていかれたとのこと

f0223068_12382778.jpg
カレーで昼食
雨続きでヘリが飛ばず野菜不足
ネパールカレーはできないそう

f0223068_12401148.jpg
薬師沢小屋に着いて宴会を始めたところで雨が降り出した
明日は薬師沢左俣で沢登り

# by sinoyosi | 2018-09-16 12:30 | | Comments(0)

9月9日  大辻山

f0223068_12333122.jpg
長尾峠から
大辻山は久しぶり

f0223068_12341693.jpg
台風のためか潅木がいくつか登山道に倒れてきている

f0223068_12355902.jpg
この辺りブナが美しい

f0223068_12372591.jpg
雨上がりで何匹が見かけた

f0223068_12380129.jpg
大辻山頂上

f0223068_12391020.jpg
頂上直下に大きな倒木が2本
これも先日の台風か

f0223068_12400464.jpg
北尾根へ

f0223068_12403639.jpg
行ったことがないので白岩コースへ
出だしは小さな沢だったが徐々にそれらしくなってくる
登山靴を濡らさないように水際を歩いていたが
そのうち飛び石渡渉の連続になり枝にぶら下がってへつるところも出てくる
雨も降り出して増水が怖いがピンクリボンがたくさんついていて
巻道の踏み跡もありなんとかなると降りていくと
二人連れが登ってきた
f0223068_12411102.jpg
10メートルほどの滝は左岸にロープの巻道がある

f0223068_12472436.jpg
ここはヌルヌルの滑る岩で縄梯子がないと無理
先ほどの二人連れも増水していて引き返してきた

f0223068_12491244.jpg
最後イワナでも居そうなくらいの流れになったところで林道に出た
ここはちゃんと沢履で登ったほうがいいところだった

# by sinoyosi | 2018-09-09 12:32 | | Comments(0)

劔岳

f0223068_12341759.jpg
4時過ぎヘッドランプで馬場島出発
蒸し暑く汗が吹き出る

f0223068_12362620.jpg
ガスの中早月小屋到着

f0223068_12381476.jpg
2600手前の岩場
鎖と鉄杭が整備されている

f0223068_12394821.jpg
カニのハサミ


f0223068_18174142.jpg

7時間で劔頂上

f0223068_12423303.jpg
下降は慎重に

f0223068_12431518.jpg
なかなかガスがはれない

f0223068_12435945.jpg
2800ピーク

f0223068_12442668.jpg
下りは5時間
やっぱり早月尾根は厳しい

# by sinoyosi | 2018-08-26 12:33 | | Comments(0)

8月19日

薬師岳方面源流にて

f0223068_06483949.jpg
f0223068_06485530.jpg
f0223068_06490573.jpg
f0223068_06492397.jpg

# by sinoyosi | 2018-08-19 06:48 | テンカラ | Comments(0)

8月16日  下山

朝太郎平は雨と風
カッパ上下着て下山
三角点まで下ると雨は上がったのでカッパを脱ぐ
このまま降られずに行くかと思ったが予報通り折立に着く頃降り出した
このあと激しい雨となり早めに下山しといてよかった

# by sinoyosi | 2018-08-16 07:54 | | Comments(0)

8月15日  太郎平小屋

f0223068_07515800.jpg
この日も一日遭対協の当番で小屋につめた
午前中は晴れていたが午後から雨・風
まぶたの虫さされを二人処置
あとはもっぱら売店の売り子



# by sinoyosi | 2018-08-15 07:50 | | Comments(0)

8月14日  太郎平小屋

f0223068_07433122.jpg
遭対協の当番で太郎平小屋へ

f0223068_07450082.jpg
だらだら坂から登山道修復工事

f0223068_07460186.jpg
五光岩ベンチ手前

f0223068_07470794.jpeg
f0223068_07472507.jpg
f0223068_07474535.jpg
小屋に着くと急に雨が降り出した
このあと結構激しい雨が断続的に降り続いた

f0223068_07490416.jpg
夕方薬師岳に虹がかかる


# by sinoyosi | 2018-08-14 07:42 | | Comments(0)

8月12日 下山

f0223068_12542051.jpg
皆は3時起床し源次郎尾根アタック
見送ったあと二度寝
宴会用ポットラックを回収し下山

f0223068_12571263.jpg
御前小舎への上りはチングルマ畑

f0223068_12593224.jpg
f0223068_13003102.jpg
f0223068_13005375.jpg

# by sinoyosi | 2018-08-12 12:53 | | Comments(0)

8月11日  劔沢

f0223068_12350676.jpg
お盆合宿初日
8時40分のケーブルで上山
室堂に着く頃雨は上がった

f0223068_12370728.jpg
重荷を担いで雷鳥沢へ

f0223068_12382580.jpg
雷鳥沢

f0223068_12385458.jpg
キャンプ場俯瞰

f0223068_12393985.jpg
f0223068_12400191.jpg
歩荷中のT隊員

f0223068_12410094.jpg
御前小舎ではビール売り切れ

f0223068_12421220.jpg
劔沢到着

f0223068_12424851.jpg
警備隊にご挨拶

f0223068_12443452.jpg
車座になって宴会

f0223068_12452544.jpg
黒田屋のザスの昆布締

f0223068_12460685.jpg
K隊員が岩の上から場内アナウンス
天候が不安定なので注意喚起
終わると拍手喝采
このあとテントに移って飲み続けた



# by sinoyosi | 2018-08-11 12:33 | | Comments(0)

8月5日  立山

f0223068_12292820.jpg
涼を求めて立山
7時過ぎに立山駅に着くと空いていて切符も並ばず購入
7時半のケーブルで上山
9時歩き始める

f0223068_12322917.jpg
流石に登山道はそれなりに混んでいる
一ノ越からは風が涼しく動かないでいると寒いくらい

f0223068_12344679.jpg
雄山から大汝山へ

f0223068_12355607.jpg
大汝頂上も混んでいる

f0223068_12364974.jpg
富士ノ折立へ

f0223068_12373039.jpg
富士ノ折立

f0223068_12383358.jpg
富士ノ折立を過ぎてもまだ縦走する人が結構いて混んでいる
雷鳥沢まで行くつもりだったが真砂岳も巻いて

f0223068_12403327.jpg
大走りを下山

f0223068_12411666.jpg
北の谷にはまだ結構雪渓が残っている

f0223068_12420721.jpg
テン場までの道はチングルマ畑

f0223068_12432047.jpeg
ミクリガ池からは混雑したが帰りのアルペンルートは待ち時間なしで降りられた


# by sinoyosi | 2018-08-05 12:28 | | Comments(0)

7月22日  白馬岳

f0223068_12335314.jpg
涼を求めて大雪渓
白馬尻ですでにあせだく

f0223068_12352181.jpg
雪渓上は涼しい風が吹き渡り別天地

f0223068_12363213.jpg
f0223068_12371532.jpg
f0223068_12375314.jpg
小雪渓

f0223068_12384695.jpg
f0223068_12392997.jpg
お花畑

f0223068_12404510.jpg
f0223068_12413637.jpg

f0223068_12422007.jpg
f0223068_12424463.jpg
頂上宿舎でお昼

f0223068_12435741.jpg
f0223068_12441870.jpg
f0223068_12453372.jpg
貸切の頂上

f0223068_12463103.jpg
f0223068_12465279.jpg

f0223068_12472270.jpg
f0223068_12474161.jpg
下りの大雪渓は足スキーで走った


# by sinoyosi | 2018-07-22 12:32 | | Comments(0)

7月16日  薬師沢

f0223068_12503921.jpg
小屋のみんなと常連さん
このかたは3日間で100匹以上釣っている

f0223068_12532538.jpg
第3渡渉点まで登山道を歩いて左俣に入渓

f0223068_12545821.jpg
左俣を薬師沢まで下降し右俣出合を過ぎたところから竿を出す
ここでお一人やってきたので先に行ってもらう
今日は釣りに専念するつもりなのでのんびり行きましょう
しばらくすると出ました
f0223068_12592638.jpg
f0223068_13004465.jpg
f0223068_13010718.jpg
ポツポツと出てくれて楽しい

f0223068_13025359.jpg
第1渡渉点から更にテント沢を遡行

f0223068_13041483.jpg
f0223068_13043969.jpg
f0223068_13054061.jpg
ここでも出たがバラしてしまう

f0223068_13064472.jpg
ここへ打ち込もうとしたらいきなりライズしてきてびっくり
そーっと針を落とすとガツンとくってくれたがこれもバラす

f0223068_13103736.jpg
ずっとザックを背負いながら遡行してきたので結構疲れる
ラインが絡まったところで納竿
この後テン場を目指すがいくつも魚影が走る
最後笹薮を少し漕いで薬師峠のテン場に出た

f0223068_13160480.jpg
太郎平小屋でラーメンを頂いて下山


# by sinoyosi | 2018-07-16 12:49 | テンカラ | Comments(0)

7月15日  薬師沢小屋

f0223068_12350391.jpg
折立は臨時駐車場から出発

f0223068_12370303.jpg
ゆっくり4時間かけて太郎平小屋

f0223068_12380763.jpg
カレーで補給

f0223068_12385519.jpg
薬師沢へ

f0223068_12400630.jpg
第1渡渉点から下流側

f0223068_12405059.jpg
第2渡渉点過ぎたところでキヌガサソウ

f0223068_12415486.jpg
第3渡渉点で竿を出したら出ました
ピンボケで残念

f0223068_12450512.jpg
薬師沢小屋到着

f0223068_12454154.jpg
アカツカ君が取ってきたセンナ

f0223068_12464676.jpg
皿洗いの手伝いをして小屋の皆さんと宴会

f0223068_12475523.jpg
飛騨牛を差し入れ



# by sinoyosi | 2018-07-15 12:33 | | Comments(0)

7月1日  薬師沢

f0223068_12341231.jpg
昨夜は一晩中風が強かった
朝稜線上は強かったが薬師沢へ降りていくと風は収まった

f0223068_12353839.jpg
小屋番のアカツカ君とケイコちゃんにご挨拶

f0223068_12373084.jpg
沢靴に履き替えて薬師沢を遡行
竿を出すが全く釣れず
片手に竿を持って歩くので疲れる
そうこうしているうちに両側とも泳がないと行けそうになくなり
竿を納めて右岸を高巻き

f0223068_12392173.jpg
高巻いて再び薬師沢に降りたところで下流側

f0223068_12422639.jpg
ここを50メートルほど高巻いてきた

f0223068_12432520.jpg
第1渡渉点まで粘ってみたが結局ボウズ
すごすごと太郎平小屋へ戻る

f0223068_12451370.jpg
小屋でラーメンを頂いて下山
次は釣りに専念してみよう



# by sinoyosi | 2018-07-01 12:33 | 沢登り | Comments(0)

6月30日  太郎平小屋

高岡市役所山岳部45周年記念祝賀会が太郎平小屋で行われるのに参加
夕方小屋に着くと既に宴は酣だった
f0223068_12282721.jpg
f0223068_12290859.jpg
f0223068_12293397.jpg
f0223068_12295792.jpg
f0223068_12303504.jpg
f0223068_12305892.jpg
f0223068_12312718.jpg
f0223068_12314922.jpg
f0223068_12321184.jpg


# by sinoyosi | 2018-06-30 12:23 | | Comments(0)

6月24日  白山



f0223068_12245283.jpg
別当出合から

f0223068_12252380.jpg
砂防新道を登る

f0223068_12255568.jpg
甚之助小屋の横の雪渓をショートカット

f0223068_12264689.jpg
f0223068_12270818.jpg
十二曲がり

f0223068_12274799.jpg
f0223068_12282665.jpg
弥陀ヶ原

f0223068_12285706.jpg
室堂から頂上へ

f0223068_12295862.jpg
f0223068_12313759.jpg
大汝側の雪渓を下る

f0223068_12322998.jpg
砂防新道を下降

# by sinoyosi | 2018-06-24 12:23 | | Comments(0)

6月17日  常念岳

f0223068_12365568.jpg
三股から
駐車場手前800メートルで林道路肩決壊し通行止め
臨時駐車場から出発

f0223068_12414407.jpg
林道歩くこと30分で登山口
右の常念岳へ
延々とジグザグを繰り返す道

f0223068_12460139.jpg
稜線に出るとしばらく平坦地

f0223068_12471921.jpg
前常念への登り

f0223068_12480357.jpg
左に蝶ヶ岳

f0223068_12495936.jpg
登ってきたところを振り返る
奥に富士山も見える

f0223068_12505203.jpg
ゴーロ帯

f0223068_12513004.jpg
避難小屋のある前常念

f0223068_12530955.jpg
常念小屋への道は廃道

f0223068_12545373.jpg
頂上の人が見える

f0223068_12561775.jpg
常念小屋からの道と合流

f0223068_12565709.jpg
6時間かかって頂上

f0223068_12585039.jpg
蝶ヶ岳
常念まで5時間だったら周回するつもりだったがやめましょう

f0223068_13010432.jpg
穂高連峰

f0223068_13013725.jpg
大天井岳

f0223068_13023399.jpg
下山

f0223068_13034988.jpg
避難小屋の前で砂浴びする雷鳥

f0223068_13044193.jpg
ゴーロ帯の下り

f0223068_13053034.jpg
その下で更に雷鳥

f0223068_13060645.jpg
あとはひたすらジグザグの道を下降

f0223068_13070464.jpg
下りは3時間半

f0223068_13102941.jpg
決壊地



# by sinoyosi | 2018-06-17 12:35 | | Comments(0)

6月10日  薬師岳開山祭

f0223068_12380339.jpg
薬師峠からの登り

f0223068_12383548.jpg
薬師平からの登り
高曇りだが晴

f0223068_12403663.jpg

f0223068_12410525.jpg
肩の小屋から上は風が強くて寒い

f0223068_12414977.jpg
読経
商売繁盛 大願成就 病魔退散 登山安全 

f0223068_12443928.jpg
f0223068_12450861.jpg
f0223068_12452952.jpg
行者ニンニクカレーをいただいて下山



# by sinoyosi | 2018-06-10 12:36 | | Comments(0)

6月9日 太郎平小屋

f0223068_12282160.jpg
f0223068_12285856.jpg

f0223068_12293582.jpg
f0223068_12295780.jpg
f0223068_12305839.jpg
f0223068_12314354.jpg
だらだら坂辺りでチングルマが咲きはじめている

f0223068_12323484.jpg

f0223068_12330707.jpg
f0223068_12333456.jpg

f0223068_12341342.jpg

f0223068_12343596.jpg

f0223068_12350066.jpg
雲海に沈む夕陽がきれいだった

# by sinoyosi | 2018-06-09 12:27 | | Comments(0)

6月3日 立山

f0223068_12361257.jpg
快晴だが風がちょっと寒い

f0223068_12365961.jpg
一ノ越から雪はないので板を担ぐ

f0223068_12401473.jpg
雄山神社に参拝

f0223068_12415157.jpg
御山谷と北アルプス

f0223068_12424759.jpg
社務所裏から山崎カールへ
5メートルほど雪切れ

f0223068_12434192.jpg
会長がトップでドロップイン

f0223068_12450527.jpg
ローソク岩あたりは岩が出始めている
雪面はフラットできれい
ザラメで快適

f0223068_12470212.jpg
f0223068_12501769.jpg

セキノさん
f0223068_12505524.jpg
f0223068_12515980.jpg
ヨシイ巨匠

f0223068_12532904.jpg
f0223068_12540401.jpg
大満足

f0223068_12561678.jpg
f0223068_12571634.jpg
流石に下部は縦溝が出てくる

f0223068_12591710.jpg
f0223068_12595437.jpg
縦溝と凹凸にヘロヘロにさせられる
ブル道まで滑って終了
板を外すと1本の板がクライミングサポートが上がったままだった
これで板納め

f0223068_13012601.jpg
室堂山荘と警備隊に寄ってご挨拶
アルペンルートは比較的空いていた
外国人観光客が落ちついたからだろう

# by sinoyosi | 2018-06-03 12:34 | テレマーク | Comments(0)

5月27日  薬師岳

f0223068_12433706.jpg
今日もいい天気

f0223068_12442248.jpg
スキー2名 ボード1名

f0223068_12464379.jpg
テン場からの登り
雪は緩みはじめている

f0223068_12474385.jpg
黒部五郎と上ノ岳

f0223068_12485371.jpg
肩の小屋

f0223068_12492522.jpg
避難小屋へ

f0223068_12500183.jpg
薬師岳頂上

f0223068_12514369.jpg
頂上から金作谷へドロップイン

f0223068_12541481.jpg
f0223068_12544796.jpg
f0223068_12560165.jpg
f0223068_12574899.jpg
f0223068_12592932.jpg
f0223068_13003313.jpg
f0223068_13024374.jpg

f0223068_13042862.jpg

f0223068_13073141.jpg
f0223068_13082499.jpg
f0223068_13094315.jpg
f0223068_13111595.jpg
f0223068_13121468.jpg
f0223068_13123292.jpg

# by sinoyosi | 2018-05-27 12:42 | | Comments(0)

5月26日  太郎平小屋

f0223068_12302637.jpg
新緑が眩しい折立

f0223068_12310754.jpg
大きな倒木

f0223068_12313680.jpg
タムシバがきれいに咲いていた

f0223068_12325963.jpg
三角点

f0223068_12334546.jpg
積雪計ポールから降りたところのコル

f0223068_12345823.jpg
五光岩ベンチ手前

f0223068_12360701.jpg
若旦那がお出迎え

f0223068_12364681.jpg
ワタリ君も

f0223068_12374051.jpg
太郎山からサンセットライドのマーシー

f0223068_12392414.jpg
雪解けが進んだ薬師岳

f0223068_12400511.jpg
若旦那の音頭でプレオープン祭

f0223068_12410047.jpg
f0223068_12412511.jpg

# by sinoyosi | 2018-05-26 12:28 | | Comments(0)

5月20日  白馬岳



f0223068_12281331.jpg
新緑の猿倉
しばらく雪はない
長走沢手前あたりから路肩に雪
長走沢はくるぶしほどの渡渉

f0223068_12305482.jpg
雪が繋がっても結局白馬尻まで板を担いだ

f0223068_12324366.jpg
白馬尻からシール登行
雪は緩んだザラメできれい


f0223068_12342363.jpg
快晴無風
時々ガスが湧いてくる
左の杓子岳側から50センチ大の落石が2個飛んできた

f0223068_12465932.jpg
徐々に会長・タナダさんから遅れ出す
また風が出てきて寒くなってきた

f0223068_12514262.jpg
急斜面を越えてからは風が強まる
ジャケットを着込んでオーバー手袋もする

f0223068_12561073.jpg
頂上宿舎前はちょっと雪が切れている

f0223068_12573269.jpg
白馬山荘への登り

f0223068_13005801.jpg
寒いので氷が溶けない

f0223068_13022142.jpg
白馬山荘から上は雪がない
ばててヘロヘロになったので頂上は割愛
アタックした二人を待つ

f0223068_13042590.jpg
立山・剱と毛勝三山

f0223068_13055443.jpg
杓子岳と鑓ヶ岳

f0223068_13065233.jpg
上部はフィルムクラストで快適

f0223068_13090653.jpg
会長

f0223068_13130209.jpg

f0223068_13105157.jpg
タナダさん

f0223068_13120483.jpg
f0223068_13135678.jpg
急斜面から下は地雷帯

f0223068_13150984.jpg
ザラメを滑る

f0223068_13162166.jpg
白馬尻

f0223068_13165032.jpg
白馬尻下の土砂デブリ
このあと林道を滑られるところまで滑って終了
のんびり林道を歩いて猿倉到着


# by sinoyosi | 2018-05-20 12:27 | テレマーク | Comments(0)

5月17日  御前山

f0223068_08322505.jpg
雨の中カッパ上下に傘をさして出発

f0223068_08330832.jpg
猿倉山の風の城

f0223068_08333827.jpg
久しぶりに歩いたら結構遠い
御前山で1時間
この先裏の道を適当に進んだら急勾配で下降していく
流石にこれはおかしいと分岐が出てきたので左へ行くと
再び登りはじめて林道に戻った
この時点で小佐波御前山は諦め引き返した
間違えた道は芦生へ行くものかもしれない

# by sinoyosi | 2018-05-17 08:31 | | Comments(0)

5月13日  牛岳

f0223068_12194133.jpg
小牧から

f0223068_12202298.jpg
f0223068_12205381.jpg

f0223068_12211757.jpg
f0223068_12214010.jpg
雨の中傘を差して歩く

f0223068_12222936.jpg
牛岳ヒュッテは解体されていた

f0223068_12230821.jpg
6合目からの稜線コースは初めて

f0223068_12240431.jpg
頂上に着く頃には本格的な雨

f0223068_12245078.jpg
牛嶽大明神方面

f0223068_12252811.jpg
15名の団体さんとすれ違った

f0223068_12291710.jpg
本日の装備
デイバッグは学生時代松本のブンリンで買ったもの

# by sinoyosi | 2018-05-13 12:18 | | Comments(0)

5月6日  下山

f0223068_13144375.jpg
若旦那に見送られて出発

f0223068_13154776.jpg
いい天気でようやく暖かくなった

f0223068_13164994.jpg
上ノ岳と黒部五郎

f0223068_13172873.jpg
雪は緩んでいてシールつけずにウロコで登られた

f0223068_13185380.jpg
上ノ岳頂上手前でトラバースルートに滑り込む
雪はかろうじて繋がっていた

f0223068_13203765.jpg
大斜面を滑降

f0223068_13212347.jpg
ザラメで快適

f0223068_13221169.jpg
雪解け早く避難小屋分岐あたりはもう雪が切れそう

f0223068_13230066.jpg
そのままシールつけずに寺地山へ

f0223068_13235019.jpg
アップダウンの続く長い稜線
ウロコ板でのんびり歩く

f0223068_13252264.jpg
最後板を外すところで先行者に追いつくとイシハラセンセーだった
以後トンネルまでご一緒させていただく
軽登山靴に履き替えたので登山道は快適
途中大きな倒木が道を塞いでいて藪漕ぎして迂回するところが2ヶ所ある

f0223068_13333055.jpg
前回長靴で降りた時と同じ5時間で下山
新緑で気持ちいい陽気の中をドライブ




# by sinoyosi | 2018-05-06 13:13 | テレマーク | Comments(0)

5月5日  中俣乗越

f0223068_12452620.jpg
昨夜は一晩中風が強かった
朝きれいに晴れたがまだ風は強い
黒部五郎目指して若旦那・Aさんと出発

f0223068_12473760.jpg
雪煙

f0223068_12493920.jpg
新雪で雪面はきれいにリセットされている

f0223068_12501911.jpg
シュカブラもきれい

f0223068_12513988.jpg
上ノ岳
風が強い

f0223068_12522298.jpg
黒部五郎目指して滑降

f0223068_12532335.jpg
赤木岳トラバース
雪は既にストップ雪で黄砂混じり

f0223068_12544062.jpg
昨日の疲れが取れないので中俣乗越で終了
若い二人は黒部五郎アタック

f0223068_12561744.jpg
広大な赤木沢源頭部へ滑り込む
重いストップ雪だが気持ちいい

f0223068_12583423.jpg
左へトラバースしながら移動
来たところを振り返る

f0223068_12594544.jpg
上ノ岳目指してウロコで登る

f0223068_13004045.jpg
途中赤木平を眺めながらのんびり休憩

f0223068_13022846.jpg
黒部五郎を振り返る

f0223068_13035551.jpg
貸切の大斜面を滑降

f0223068_13045303.jpg
太郎山ではストップ雪に足を取られて転倒

f0223068_13055221.jpg
小屋に帰ると太郎ラーメン
疲れた体に醤油ラーメンが染み渡る

f0223068_13064304.jpg
この日も小屋のみんなと宴会






# by sinoyosi | 2018-05-06 12:44 | テレマーク | Comments(0)

5月4日  太郎平小屋

f0223068_12230175.jpg
山ノ村で土砂降りが飛越トンネルでは雪に
車5台と閑散としている
雨ならやめるつもりだったが雪なので兼用靴でスタート

f0223068_12244479.jpg
5センチほどの積雪でぬかるみが覆われている
まだ誰も歩いていない

f0223068_12292281.jpg
新雪でトレースは消えている
前回のGPSの軌跡を頼りに進む
このあと徐々に風と雪が強くなり冷え込んできた
防寒テムレスでは指が凍えて毛の手袋とオーバー手袋に変える
上ノ岳への登りではガスでホワイトアウトになり平衡感覚がおかしくなる
大斜面はクラストの上に新雪
なめてアイゼンを持ってこなかったので左へのトラバースルートは滑落が怖くて右の夏道を登る

f0223068_12365041.jpg
8時間かかって上ノ岳

f0223068_12374570.jpg
広大な稜線をGPS頼りに進む

f0223068_12390062.jpg
徐々に日が射すようになってきた

f0223068_12395559.jpg
9時間かかって小屋到着

f0223068_12403530.jpg
小屋のみんなと宴会



# by sinoyosi | 2018-05-04 12:22 | | Comments(0)

4月30日 下山

f0223068_07344667.jpg
皆は薬師岳アタック
連休後半また来るので板はデポ
靴は修理に担いでおろす
昨日長靴はデポせず担いできたのでよかった
皆が小屋に帰って来る頃先に出発

f0223068_07375811.jpg
太郎山から上ノ岳・黒部五郎
雪は緩んでいて時々ごぼるが問題なし

f0223068_07395230.jpg
薬師の肩に劔

f0223068_07404833.jpg
上ノ岳からの下りは走った

f0223068_07415361.jpg
30分ほど先に出たが寺地山で皆に追いつかれる

f0223068_07430087.jpg
5時間ちょっとでトンネルに下山
避難小屋は安心して使える状態ではないそうです

# by sinoyosi | 2018-04-30 07:32 | | Comments(0)