<   2017年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

4月29日  太郎平小屋

f0223068_12182029.jpg
連休の荷揚げ第2弾
林道の除雪は鉄管路取り付きまで
登り始めは暑いくらいだったが
予報通りだらだら坂から雨ではなく吹雪
登りは団子で下りはモナカ
本番が待ち遠しい

by sinoyosi | 2017-04-29 12:16 | 山スキー | Comments(0)

4月23日  太郎平小屋

f0223068_12224333.jpg
太郎平小屋は25日小屋開けし連休中営業する
それに備えてこの日食料品の歩荷を行なった
有峰林道の除雪は有峰手前まで
林道は融雪水が凍結してツルツル

f0223068_12271586.jpg
シールでスタート

f0223068_12280101.jpg
有峰から先大きく右にカーブするところはショートカット
雪面はでこぼこ

f0223068_12302854.jpg
鉄管路を登る
朝一はクラストしてガリガリ

f0223068_12332469.jpg

f0223068_12344824.jpg
折立キャンプ場

f0223068_12352060.jpg
折立の小屋とトイレ

f0223068_12362517.jpg
夏道沿いを登る
ここはいつもクラストしていててこずる

f0223068_12374027.jpg
30キロ歩荷の若旦那

f0223068_12382334.jpg
アラレちゃん
看板は出ていた

f0223068_12394629.jpg
三角点
雪は緩んできた

f0223068_12410333.jpg
積雪計ポール
この辺りは広大な雪原となっている

f0223068_12424966.jpg
だらだら坂で上から金沢のドクターが滑ってきた

f0223068_12443834.jpg
だらだら坂の登り
久しぶりの重荷に喘ぐ

f0223068_12455401.jpg
五光岩ベンチをすぎたところで小屋の屋根が見えてきた

f0223068_12474297.jpg
登ってきたところを振り返る

f0223068_12485644.jpg
7時間かかって小屋到着
積雪は例年並みか

f0223068_12501880.jpg
薬師岳
稜線の雪が少ない

f0223068_12510311.jpg
水晶岳と雲ノ平

f0223068_12513954.jpg
上ノ岳と黒部五郎岳

f0223068_12524146.jpg
太郎山にシュプールが一つ

f0223068_12535663.jpg
小屋から滑降
よく滑るフィルムクラスト

だらだら坂は面ツルで最高だった
f0223068_12553784.jpg
f0223068_12564082.jpg
f0223068_12585484.jpg
f0223068_12594594.jpg
f0223068_13004818.jpg
f0223068_12574768.jpg
f0223068_13020321.jpg
f0223068_13025665.jpg
こんないい条件で滑ったのは初めてだった

f0223068_13035175.jpg

by sinoyosi | 2017-04-23 12:21 | 山スキー | Comments(0)

4月20日 笹津橋

f0223068_16541033.jpg

今季初乗り
バイク乗るには寒かったが久しぶりで気持ちよかった
37.8km 20.7km/h
by sinoyosi | 2017-04-20 16:50 | バイク | Comments(0)

4月16日  乙妻山

f0223068_12293798.jpg
大橋から雪はまだ繋がっている

f0223068_12303999.jpg
林道から佐渡山のコルへの尾根
最初トレースは一つ手前の尾根に付いていたのでしばらく行って沢を越えていつもの尾根に乗った
帰りこの尾根を下まで滑っていったら沢の下の方は流れが出ていて林道に戻られず登り返した

f0223068_12361903.jpg
佐渡山のコル

f0223068_12401096.jpg
コルからは氷沢川の右岸をなるべく高度を落とさないようにトラバースしていきスノーブリッッジで左岸へ

f0223068_12423940.jpg
ところが左岸側が崖で雪が切れていたのでスノーブリッジで右岸に戻り
もう一度危ういブリッジで左岸に渡るとすぐ上に林道があった

f0223068_12465818.jpg
林道をちょっと行くと北東斜面出合

f0223068_12482506.jpg
しばらく行くと大斜面が見えてくる

f0223068_12500619.jpg
北東斜面
面ツルの大斜面

f0223068_12511947.jpg
下流方向

f0223068_12523402.jpg
稜線直下
ここから急になるが雪は緩んでいてクトーは使わなかった

f0223068_12551149.jpg
左手の中妻山とのコルを目指す
中妻尾根と御巣鷹山

f0223068_12572862.jpg
もうすぐコル

f0223068_12584926.jpg
コルから乙妻山

f0223068_12594853.jpg
焼山 火打山 妙高山

f0223068_13013239.jpg
乙妻山頂上

f0223068_13021728.jpg
高妻山

f0223068_13034162.jpg
頂上から滑降

f0223068_13041974.jpg
コルへ

f0223068_13053960.jpg
よく滑る雪

f0223068_13071698.jpg
大斜面に突入
極上のフィルムクラスト

f0223068_13094291.jpg
程よく緩んだザラメ

f0223068_13115175.jpg
f0223068_13143624.jpg
下部は少しストップ気味

f0223068_13155460.jpg
f0223068_13173281.jpg
長いリフト1本分ぐらいの大斜面

f0223068_13191952.jpg
出合から再びシール登行で佐渡山のコルへ登り返し

f0223068_13202411.jpg
いつ来てもこの長い登り返しが辛い
車まで戻った後は中社の神告げ温泉に入って蕎麦を頂いて帰った

by sinoyosi | 2017-04-16 12:28 | 山スキー | Comments(0)

4月13日 らいちょうバレースキー場

f0223068_16424854.jpg

ウロコで全部登ってみたがやはりシールの方が楽
滑りは大分慣れてきた
by sinoyosi | 2017-04-13 16:40 | テレマーク | Comments(0)

4月9日 猿ヶ馬場山

f0223068_12215753.jpg
G3 FINDr86 XCD
初めてのウロコ板
残雪期の登り返しで楽ができないかと導入
帰りアップダウンが多い帰雲山経由の猿ヶ馬場山へ

f0223068_12264298.jpg
小雨の中シールで出発
雪はグサグサ
神社裏の林道はその先の小屋まで除雪されていた
堰堤の所でも20メートルほど雪が切れているがあとは雪上を歩く
たくさんのツボ足のトレース
上部林道に上がる頃には雨はあがった

f0223068_12290074.jpg
林道から尾根に取り付く
穏やかなブナ林の尾根

f0223068_12301387.jpg
広大な平坦地

f0223068_12310497.jpg
その先にある何かの施設
前から小屋があったが久しぶりに来たら大きなアンテナまで設置されていた

f0223068_12332377.jpg
一旦少し下がってから帰雲山への最後の登り

f0223068_12342413.jpg
帰雲山頂上
ここにも何かの施設

f0223068_12362328.jpg
ここから大きく下って猿ヶ馬場山へ

f0223068_12380973.jpg
猿ヶ馬場山頂上

f0223068_12390778.jpg
帰りの滑降
初めてのウロコ板
まっすぐ滑る分にはあまり抵抗は感じない
ターンしようとすると横滑りしづらく最初もたついた
登りはさすがによくグリップしシールと遜色ない
帰雲山の登り返しでシール貼らずにそのまま登れたのは楽だった
滑りではちょっと慣れが必要
登りは残雪期のザラメならシールなしでもいける
アップダウンが多いツアーならこれがいい


by sinoyosi | 2017-04-09 12:21 | 山スキー | Comments(0)

4月6日 たいらスキー場

f0223068_17220681.jpg

まだまだ滑られるので1週間特別営業のたいらスキー場
その心意気やよし
半日券も半額の1000円
これは行くしかない
細板革靴でザラメを堪能
1時間滑ったところでポツポツ降り始めたので撤収
by sinoyosi | 2017-04-06 17:15 | テレマーク | Comments(0)

4月2日  高松山

f0223068_12332081.jpg
笹倉温泉の積雪は1メートルほどか
カチカチにクラストしていてクトー必携
つづら折れ林道の最後の急斜面トラバースは心臓に悪い

f0223068_12342611.jpg
つづら折れ林道を越えると焼山・高松山・昼闇山が見える

f0223068_12370080.jpg
アマナ平へのコルの手前

f0223068_12392702.jpg
コルでバックに鉾ケ岳・権現岳

f0223068_12421319.jpg
アマナ平から火打山・焼山
焼山の噴煙は少なくなっている

f0223068_12440823.jpg
高松山東尾根
尾根の下部は割と急斜面
ガリガリクラストでシールがスリップし一気に消耗する

f0223068_12490102.jpg
尾根の途中の平坦地で一息入れる

f0223068_12501746.jpg
火打山と焼山北面台地
昼前なのにすでに一人火打から滑ってきた

f0223068_12523857.jpg
焼山も2人ほど登っている

f0223068_12531695.jpg
坊々抱岩と水無谷
一度行ってみたいところ

f0223068_12560188.jpg
尾根は徐々に細くナイフリッジとなってくる
先行パーティは最後板を担いでいる

f0223068_12582273.jpg
頂上直下

f0223068_12590137.jpg
5ピッチで頂上
快晴・無風

f0223068_13002204.jpg
昼闇山と一ノ倉川源頭部

f0223068_13021788.jpg
一ノ倉川源頭部は広い中斜面
硬めだがフラットな大斜面

f0223068_13035547.jpg
気持ちのいい斜面

f0223068_13053928.jpg
右の斜面へ

f0223068_13072689.jpg
大斜面を滑る

f0223068_13092780.jpg
徐々に沢状となってくる

f0223068_13101323.jpg
左の昼闇山側から雪崩れている

f0223068_13123815.jpg
ゴルジェ帯へ

f0223068_13134339.jpg
対岸まで達している大きなデブリ
今年はデブリが多い

f0223068_13155045.jpg
デブリ帯を通過したところ

f0223068_13171456.jpg
広河原が見えてきた
雪はグシャグシャ
ゴルジェ帯で滝が出ているところはなかった

f0223068_13192506.jpg
広河原から新田山のコルへ
林道上をたどってトラバースしていく

f0223068_13213649.jpg
コルから一ノ倉川を振り返る

f0223068_13221730.jpg
最後焼山温泉へ向けて一滑り
天気に恵まれ春山を満喫

by sinoyosi | 2017-04-02 12:32 | 山スキー | Comments(0)