カテゴリ:山( 292 )

10月16日  飯縄山

f0223068_7405080.jpg

中社から西尾根を登る
南峰が見えてきた

f0223068_7432886.jpg

南峰から北峰へ

f0223068_7442116.jpg

2ピッチで飯縄山山頂
奥に戸隠山と後立山連峰

f0223068_746350.jpg

北峰から南峰

f0223068_7463495.jpg

南峰の飯縄神社に参拝

f0223068_747536.jpg

遠く槍穂高

f0223068_749097.jpg

戸隠山と白馬岳

f0223068_7501793.jpg

西尾根全景

f0223068_7504449.jpg

木漏れ日の登山道を下る
by sinoyosi | 2016-10-16 07:39 | | Comments(0)

10月10日  大朝日岳

f0223068_13333892.jpg

翌朝も一向に風は止む気配なく大朝日岳に登って古寺鉱泉に下山することに

f0223068_13351134.jpg

雨は降っていないものの風が強くガスで視界なし
気温も低い

f0223068_13363276.jpg

早々に下山

f0223068_1338320.jpg

すると徐々に風が止み

f0223068_13384633.jpg

ガスも晴れてきた

f0223068_1341440.jpg

銀玉水から小朝日

f0223068_13424481.jpg

小朝日への稜線の紅葉が美しい

f0223068_13434664.jpg

f0223068_1344697.jpg


f0223068_134551.jpg

降りてきたところを振り返る

f0223068_13463812.jpg

小朝日へ登り返し

f0223068_13504723.jpg

振り返って大朝日岳
頂上だけなかなか顔を出さない

f0223068_1352408.jpg

小朝日岳の紅葉が美しい

f0223068_1354930.jpg

小朝日から鳥原山へ

f0223068_182725100.jpg

鳥原山への登り

f0223068_18283073.jpg

振り返って小朝日岳
小朝日も立派だ

f0223068_1830104.jpg

鳥原湿原の紅葉

f0223068_18312118.jpg

鳥原避難小屋に寄って古寺鉱泉へ下降

f0223068_18321080.jpg

古寺鉱泉

このあと大井沢の湯ったり館で温泉に入り
橋本荘のきのこ蕎麦で打ち上げ
泡滝ダムへ車を回収し解散
by sinoyosi | 2016-10-10 13:31 | | Comments(0)

10月9日  大朝日岳避難小屋

10月9・10日は古寺鉱泉〜大朝日岳〜大鳥池と一泊二日で朝日連峰の縦走を計画
8日夕方下山口の泡滝ダムに1台デポして大井沢の民宿橋本荘へ
きのこ尽くしの料理で宴会
朝食もしっかりいただいて古寺鉱泉へ

f0223068_13265497.jpg

小雨の中出発
天気予報は午後から晴れるとのことで稜線の紅葉に期待が高まる
今日は竜門小屋か狐穴小屋の予定

f0223068_13273937.jpg

時々雨がぱらつく程度だが上空はゴーゴーと風の音が強い

f0223068_1328249.jpg

稜線に上がるとガス
雨もだんだん強くなってきた

f0223068_13134238.jpg

雨風の中小朝日岳頂上
視界なし

f0223068_1315794.jpg

大朝日への登りで小朝日を振り返る
一瞬のガスの切れ目
銀玉水から上はますます風が強くなってきた
暴風雨となり時々耐風姿勢を取らなくてはならないほど

f0223068_13184533.jpg

這々の体で大朝日小屋到着
小屋で昼食をとるがますます強くなる風にここに泊まることに決定

f0223068_13203019.jpg

となるとあとは宴会

f0223068_1323120.jpg

メインはきのこ鍋
よそでは焼肉をやっている
小屋中宴会で楽しい雰囲気

f0223068_13244863.jpg

一晩中風が吹き荒れていた
by sinoyosi | 2016-10-10 12:55 | | Comments(0)

10月2日  白山

f0223068_12362448.jpg

平瀬道
登り始めは小雨模様でガス

f0223068_12385712.jpg

避難小屋手前あたりからガスがはれはじめ幻想的な雰囲気に

f0223068_12415642.jpg

御前峰が見えるところ

f0223068_12432032.jpg

室堂手前でグラデーションが美しいナナカマド

f0223068_12451282.jpg

もう一つナナカマド
綺麗なのはこの二つだけ

f0223068_12463981.jpg

室堂でのんびり2時間宴会

f0223068_12472468.jpg

会長の奥さんが作ったご飯の昆布〆が美味しい

f0223068_12493931.jpg

休憩後御前峰へ

f0223068_12502434.jpg

ガスの切れ目で剣ヶ峰

f0223068_12522792.jpg

ガスの中から室堂

f0223068_1253374.jpg

帰り大倉山の紅葉

f0223068_12542570.jpg

ダケカンバの黄葉が美しい
by sinoyosi | 2016-10-02 12:33 | | Comments(0)

9月24日  薬師沢小屋

f0223068_12241275.jpg

午前の仕事を終えて折立へ
2時スタート
会長達は朝から行ってるのでもう小屋に着いているだろう
こちらは7時の夕食に間に合えばいい
五光岩ベンチから薬師岳
だいぶ紅葉しているが日が差さず今一

f0223068_12302734.jpg

太郎平小屋への最後の登り
草紅葉が美しい

f0223068_1232157.jpg

太郎山
太郎平小屋で生中頂く
ここまで半袖だったがジャッケットを羽織りヘッドランプも装着

f0223068_12371042.jpg

下り始めて暑くなりジャケットはすぐ脱いだ
第3渡渉点を過ぎた頃からヘッドランプ点灯
6時20分 薬師沢小屋到着
すでに出来上がっているみんなと合流

f0223068_12401796.jpg

差し入れの昆布締めで一杯
会長はサンマを差し入れ
ゆっくり小屋のみんなと飲んだ
by sinoyosi | 2016-09-24 12:20 | | Comments(0)

9月19日  北又へ下山

f0223068_12394216.jpg

雨が降り続き朝日岳はやめて下山

f0223068_12405836.jpg

草紅葉が始まっている

f0223068_12415713.jpg

雲わく恵振谷

f0223068_12432519.jpg

前朝日

f0223068_1244620.jpg

午前中に下山
ホテルおがわで温泉
泊駅前の食堂で打ち上げ
by sinoyosi | 2016-09-19 12:38 | | Comments(0)

9月18日  朝日小屋

f0223068_1231126.jpg

天気予報通り朝から雨
家を出る時から雨具着用
北又を出発する頃は土砂降り
登山道は沢
小屋はキャンセルの嵐で客は我々ともう1バーティのみ
おかげで小屋の皆さんとゆっくり飲むことができた

f0223068_12351918.jpg

夕食
いつもながら平地の旅館のよう

f0223068_12365115.jpg

午後から飲み続けて早々に撃沈
by sinoyosi | 2016-09-18 12:29 | | Comments(0)

9月11日  餓鬼岳

f0223068_12261962.jpg

白沢コース

f0223068_12284931.jpg

最初は結構高度感のあるトラバース道に桟道や鎖・ロープが続く

f0223068_12325978.jpg

立派な魚止ノ滝

f0223068_12343768.jpg

ほぼコースタイム通りかかって餓鬼岳小屋
結構きついコースタイム

f0223068_12361091.jpg

小屋から餓鬼岳頂上

f0223068_12374211.jpg

小屋から5分で頂上

f0223068_12382699.jpg

唐沢岳はガスの中

f0223068_12392410.jpg

中央奥は鷲羽岳か

f0223068_12404281.jpg

燕岳への稜線

f0223068_12414544.jpg

帰り大凪山
初めての山は長く感じる
by sinoyosi | 2016-09-11 12:24 | | Comments(2)

5.10

f0223068_13152566.jpg

2シーズン目のguide tennie

f0223068_13164638.jpg

左だけソールが裂けてきてそろそろ限界

f0223068_13175585.jpg

次はcamp fourにした
5.10も4足め
by sinoyosi | 2016-09-05 13:20 | | Comments(6)

9月4日  七倉周回

f0223068_815569.jpg

船窪岳から不動岳の縦走路は崩壊地で悪いらしく一度歩いてみたかった
七倉尾根を登り縦走してブナ立尾根を下って高瀬ダムからタクシー
コースタイム19時間のロングコースだが12時間くらいで行けないかと考えたが甘かった
4時七倉発

f0223068_1244345.jpg


f0223068_1246577.jpg

4時間で船窪小屋
お茶を頂く

f0223068_12484832.jpg

これから行く縦走路

f0223068_12493710.jpg

テン場の水場も覗いてみた

f0223068_1251247.jpg

船窪小屋から1時間で船窪岳

f0223068_12524679.jpg

崩壊地

f0223068_12541276.jpg

船窪岳第2ピークへの登り

f0223068_12551142.jpg

船窪岳から1時間で第2ピーク
ここで烏帽子小屋から来たテント装備の人に4時間かかったと聞く
ほぼコースタイム通りかかりそう

f0223068_1257547.jpg

ずっと左側が崩れている

f0223068_12582183.jpg


f0223068_131672.jpg

不動岳までが長く12時到着
船窪小屋から4時間

f0223068_1323216.jpg

1時南沢岳

f0223068_1333371.jpg

2時烏帽子岳分岐
烏帽子岳はAさんだけアタック

f0223068_1343276.jpg

2時20分烏帽子小屋
ここで大休憩
3時小屋を出てブナ立尾根を下降
2時間で高瀬ダム
ダムでタクシーを呼んで七倉に戻った
結局13時間かかった
船窪岳・不動岳はアップダウンがきつく一度歩けばもういいかなという感じ
by sinoyosi | 2016-09-04 08:13 | | Comments(0)