「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:山スキー( 209 )

2月19日  白木峰

f0223068_12262341.jpg
20センチほど積もった
予想外のいい天気
ガリガリの上にサラサラの新雪
サラサラすぎてコールテックスはスリップして手こずる
藪は綺麗に埋まっている

f0223068_12311153.jpg
いつもの谷はなかなか日が射さない

f0223068_12332855.jpg
1150の林道交差近くになってようやく日が射してきた

f0223068_12345076.jpg
1150で視界が開ける
西に金剛堂山

f0223068_12383770.jpg
1250のブナ林
さすがに日射で雪が重くなってきた

f0223068_12405688.jpg
1334から上の急斜面
これだけ藪が埋まっているのは久しぶり

f0223068_12421446.jpg
駐車場を見下ろす
トイレも雪に埋まっている

f0223068_12432512.jpg
左手に仁王山
コルからのシュートも滑られそうに見える
杉ヶ谷まで滑ってこちらに登り返したらどうだろう

f0223068_12455474.jpg
金剛堂山と県境尾根
今年も行けるか

f0223068_12482858.jpg
1450の急登を乗り越えると穏やかな頂上台地が見えてくる

f0223068_12505751.jpg
微かな風紋が美しい

f0223068_12521240.jpg
広大な頂上台地

f0223068_12524889.jpg
4ピッチちょっとで頂上

f0223068_12540189.jpg
ガリガリに底つきするものの軽いパウダーで楽しめた
棚田さんとpowder eight

f0223068_12555576.jpg
谷はパウダーの下は意外とデブリが多く気を使った
下りは30分であっという間
大長谷温泉で疲れを癒し創の蕎麦で〆
満足な1日

by sinoyosi | 2017-02-19 12:24 | 山スキー | Comments(0)

2月12日  大渚山

f0223068_13120752.jpg
大草連への林道がツルツルでスリップしまくりで怖かった
なんとか到着して出発
昨日のトレースがうっすらとわかる

f0223068_13144850.jpg
最初ちょっとだけ晴れたが後は深々と雪が降り続いた

f0223068_13161588.jpg
後続パーティとも一緒になってラッセル
トップはすねから膝ラッセルだが後続は待ち時間が多くて寒い

f0223068_13181394.jpg
頂上直下の見事なダケカンバ

f0223068_13201077.jpg
3ピッチちょっとで頂上

滑降は軽くて深い粉雪で極上だった
f0223068_13230216.jpg
f0223068_13241524.jpg
f0223068_13252370.jpg









by sinoyosi | 2017-02-12 13:11 | 山スキー | Comments(0)

2月11日 風吹岳敗退 来馬温泉風吹荘

f0223068_12291689.jpg
北野から

f0223068_12301561.jpg
すねラッセルだが軽い雪

f0223068_12483070.jpg
南俣沢へのコルを目指すが林道からの取り付きで入る沢を間違えてしまう
大きくルートがそれてしまいやっとのことでコルに到着
このまま南俣沢に入っても風吹岳には届きそうにないので滑降することに

f0223068_12550771.jpg
軽いパウダーで快適
f0223068_12584314.jpg
この急斜面は気持ち良かった

f0223068_13010376.jpg
f0223068_13023737.jpg
たっぷり粉雪を堪能して終了

この日はこのまま来馬温泉風吹荘に宿泊

f0223068_12272847.jpg
一風呂浴びた後はまず手打ち蕎麦
ここの御主人の打つ蕎麦で美味しい

f0223068_13063769.jpg
部屋で宴会
馬刺しの昆布締めで一杯

f0223068_13073194.jpg
氷見のお酒

f0223068_13080775.jpg

夕食も非常に美味だった
f0223068_12273257.jpg

f0223068_12273599.jpg

f0223068_12273719.jpg

f0223068_12273998.jpg

f0223068_12274102.jpg

by sinoyosi | 2017-02-11 12:25 | 山スキー | Comments(0)

2月5日  箙岳

f0223068_12275220.jpg
朝5時ヘッドランプで木地屋を出発
林道には昨日のスキーとボードの滑った跡がある
トラックは林道をショートカットしているので助かる
今日は単独なのでラッセル覚悟でspoonで来たがラッセルはほんの数センチ
トラックは途中で左の蒲原山の方から来ているのであとはGPSを見ながら適当に林道をショートカットしていく
白池の左の台地に進むとびっしりとピンクリボンがついている
考えてきたコース通りなのでこれに従っていく
帰り滑ってくると木に日帰りツアーコースの看板がつけてあった
ここはクラシックルートなので木地屋までの林道ショートカットするところにも印がついていた

f0223068_12392814.jpg
1100の雪原から箙岳北面
左のスカイランを目指す
ピンクリボンは途中で右の西尾根へ行くようで見えなくなった
1400から北尾根に取り付く
一部硬い所も出てきたのでクトーをつける
雪が降り出してきたが風はなく穏やか
1600までの大斜面がなかなか急で緊張した

f0223068_12461308.jpg
頂上台地
オオシラビソの穏やかな雪原

f0223068_12493572.jpg
11時箙岳山頂

f0223068_12505910.jpg
spoonの右に岩菅山 左に薄っすらと横前倉山

f0223068_12530130.jpg
だんだん雪の降りが強くなってきたので早々に退散
上部はクラストの上に薄いパウダーでspoonでは試練

f0223068_12542665.jpg
北尾根大斜面は数ターンで終わった
白池まで上りのトレースを忠実に戻り
林道は適当にショートカットしながら滑った
蒲原山からの合流点に来ると何人か滑った跡が増えていた
気がつくと雪は雨になっていた
2時間かかって木地屋着
スカルパのターミネーターがだいぶ緩々でspoonで滑るのが辛くなってきた
spoonは深いラッセルの時だけにしよう

by sinoyosi | 2017-02-05 13:09 | 山スキー | Comments(0)

1月29日  蒲原山

f0223068_12334725.jpg

湯原から
雪はガチガチで帰りが思いやられる

f0223068_12343899.jpg

稜線に上がったところ
いい天気

f0223068_12353456.jpg

稜線が左に曲がるところ
奥に一難場山

f0223068_1236597.jpg

頚城の山々

f0223068_12375824.jpg

1420ピークを超えたコルにあるダケカンバ

f0223068_12384935.jpg

コルから頂上台地への登り

f0223068_12402751.jpg

ここは立派なダケカンバが多い

f0223068_12414332.jpg

4ピッチで頂上

f0223068_12433123.jpg

コルへの滑降
クリミーパウダーで快適

f0223068_1245367.jpg


f0223068_1247653.jpg

コルから下の急斜面にドロップイン

f0223068_1253585.jpg


f0223068_12493326.jpg

1100あたりで左にトラバースしシールを貼って尾根に戻る

f0223068_12532755.jpg

この後の下部は重いグサ雪で試練だった
by sinoyosi | 2017-01-29 12:32 | 山スキー | Comments(0)

1月22日  神奈山

f0223068_12552145.jpg

休暇村妙高の駐車場に停めさせていただく
スキー場関係者に声をかけられたが
山に行くの?気をつけて
という感じでよかった
リフト乗り場の裏の林道へ

f0223068_12592781.jpg

橋を渡ってすぐ左の支尾根に取り付く
くるぶしほどのラッセル

f0223068_1305126.jpg

藤巻尾根に上がると穏やかなブナ林が広がる

f0223068_1322620.jpg

2ピッチで地形図上1267
無木立の大斜面が広がる

f0223068_1342783.jpg

この先細尾根となる
シールが効かない不安定な雪となり1860で登行終了

f0223068_1385285.jpg

無木立の大斜面を滑降

f0223068_13105337.jpg

ブナ林も疎林で快適だった
by sinoyosi | 2017-01-22 12:53 | 山スキー | Comments(0)

1月15日  仁王山

f0223068_122244.jpg

大長谷温泉で積雪1メートルほどか

f0223068_12224950.jpg

フィールドアスレチック入り口
しんしんと雪が降り続きトレースなし

f0223068_12251371.jpg

根雪がなかったようで膝ラッセルなのに薮だらけ

f0223068_12255775.jpg

第1東屋
ここから上も薮が濃く遊歩道をたどる

f0223068_12265933.jpg

第2東屋

f0223068_12274631.jpg

この後雪崩防止柵の密林地帯をモンキーラッセルで突破

f0223068_12292179.jpg

大斜面も薮出まくり

f0223068_1230303.jpg

1220で登行終了

f0223068_12311573.jpg

軽くて深いパウダーを滑降

f0223068_12333659.jpg

薮にも慣れて関係なし

f0223068_12343596.jpg

貸切の大長谷温泉に入り創で締め
by sinoyosi | 2017-01-15 12:21 | 山スキー | Comments(0)

1月9日  鍋倉山

f0223068_1246338.jpg

積雪少なく春の陽気

f0223068_12464669.jpg

沢方面立ち入り禁止
びっしりと赤旗とリボンでコース誘導されている

f0223068_1249567.jpg

北尾根に取り付く
重い湿雪

f0223068_12495010.jpg

尾根は穏やかなブナ林

f0223068_12512219.jpg

上部はガス

f0223068_12522188.jpg

3ピッチで頂上

f0223068_12555684.jpg

最初は登ってきた尾根を滑る

f0223068_12573723.jpg

途中から左の斜面にドロップイン

f0223068_1259161.jpg

雪は重いがそこそこ疎林で楽しめた

f0223068_1304467.jpg

あとは林道に出てトレースを漕ぎ歩き
下部の平坦路が長かった
by sinoyosi | 2017-01-09 12:45 | 山スキー | Comments(0)

1月8日  乗鞍岳

f0223068_12282636.jpg

この前来た時と変わらない
まだ笹が出ている

f0223068_12291360.jpg

暖かく風もない

f0223068_1230395.jpg

ここも薮だらけ

f0223068_12313836.jpg

位ヶ原

f0223068_12325584.jpg

剣ヶ峰と肩の小屋

f0223068_12334958.jpg

肩の小屋へ
クトーで登れる

f0223068_1235334.jpg

肩の小屋
剣ヶ峰を目指すが徐々にカチカチのクラスト斜面となりクトーでは厳しくなってきた

f0223068_1237653.jpg

急速に天候が悪化してきたので2850で終了

f0223068_12393919.jpg

肩の小屋と観測所

f0223068_12402617.jpg

位ヶ原まではクラストとシュカブラ
あとはゲレンデまでガリガリを滑降
湯けむり館で汗を流したあと長野へ移動
by sinoyosi | 2017-01-08 12:26 | 山スキー | Comments(0)

1月2日  八甲田 大岳

f0223068_13345756.jpg

酸ヶ湯温泉から

f0223068_1336179.jpg

温泉の左手から斜面に取り付く
酸ヶ湯のガイドの話では今シーズンはまだ誰も入っていないそうだ

f0223068_13374416.jpg

最初の斜面を登ると平坦地に
さらにこの先の斜面を超える

f0223068_1339940.jpg

一気に視界が開け広大な緩斜面が広がる
上部はガスに覆われている

f0223068_1340126.jpg

徐々に天気が良くなり大岳が姿を現した

f0223068_13432929.jpg

1350で終了

f0223068_13452117.jpg

大雪原へ滑降

f0223068_13465817.jpg

大岳

f0223068_13484935.jpg

快適なパウダーラン

f0223068_1350992.jpg

山頂駅

f0223068_13511959.jpg

手前が大岳
左手奥が井戸岳

f0223068_13524048.jpg

酸ヶ湯温泉まで滑り込んで終了
この後青森市内へ移動
by sinoyosi | 2017-01-02 13:33 | 山スキー | Comments(0)