7月23日  西穂平

f0223068_08325576.jpg
雨の予報の北陸から南の新穂高へ
旧歩荷道を登って西穂山荘か独標を目指す
鍋平から林道を1時間歩くと登山口

f0223068_08364930.jpg
ここから雨が降り出した

f0223068_08372242.jpg
今年になって下草が刈られたらしく道はかろうじてわかる

f0223068_08391259.jpg
途中から延々と左へ斜面のトラバースとなる
足一つ分の斜面に傾いた狭い道でスリップしないよう気を使う
2ヶ所崩壊地もある

f0223068_08423225.jpg
登山道に出るところはロープが張ってあった
向こう側からは笹に覆われて見えない
この雨の中さらに上を目指す気はなくなり迷わずロープウェイで下山



# by sinoyosi | 2017-07-23 08:31 | | Comments(0)

7月17日  薬師沢

f0223068_13262195.jpg
小屋の皆さんと記念撮影して出発

f0223068_13284233.jpg
朝方まで小雨模様
雨上がりのカベッケヶ原

f0223068_13300716.jpg
第3渡渉点まで一緒に行ってそこで二人とは別れた
左俣を少し下って薬師沢に入る

f0223068_13320681.jpg
少し遡行してから竿を出す
適当にキャスティングしているうちに釣れたが慌ててバラしてしまう
そのあとはアタリもわからず第2渡渉点も通過
第1渡渉点でやめるつもりだったので今回も坊主かと諦めかけていたところ
出ました

f0223068_13365866.jpg
15センチほどか
これで満足

f0223068_13385698.jpg
いい天気となった

f0223068_13394012.jpg
行者ニンニクが入って美味しい太郎ラーメン

f0223068_13411778.jpg
夏山本番の暑さのなか下山



# by sinoyosi | 2017-07-17 13:25 | テンカラ | Comments(0)

7月16日  薬師沢小屋

f0223068_12593612.jpg
最近はじめたテンカラ
道具揃えて2回川へ行って竿を振ってみたが当然坊主
薬師沢ならなんとか釣れるのではないか
というわけで山はじめての知人二人を誘ってみた
今日は薬師沢小屋まで行ってのんびり宴会
昼から崩れる予報で折立の駐車場も空きがある
涼しく虫も少ないので快適に登る

f0223068_13082042.jpg


f0223068_13093180.jpg
f0223068_13101326.jpg
f0223068_13103597.jpg
三角点から上のところでニッコウキスゲが咲き始めている

f0223068_13120904.jpg
f0223068_13123313.jpg
f0223068_13130188.jpg
太郎平小屋

f0223068_13134676.jpg
生ビールで乾杯
ただちょっと寒かった

f0223068_13152488.jpg
カレーライスとラーメンでお腹を満たし薬師沢小屋へ

f0223068_13161355.jpg
小屋の裏で

f0223068_13164963.jpg
第1渡渉点手前
太郎沢が薬師沢に出合う

f0223068_13181950.jpg
f0223068_13184616.jpg
第2渡渉点
先日の大雨で真ん中の橋脚が傾き橋が流された
無事復旧したが少し曲がっている

f0223068_13205735.jpg
第2渡渉点を渡ったところにキヌガサソウの見事が群落がある

f0223068_13221388.jpg
午後早い時間に薬師沢小屋到着
担いでいった酒と昆布締めで宴会
さすがに夜8時には寝ていた


# by sinoyosi | 2017-07-16 12:57 | | Comments(0)

7月9日  妙高山


f0223068_12270416.jpg
みんなは前日笹ヶ峰から入山し火打山に登り高谷池で幕営している
今日妙高山に登るので燕温泉から日帰りで合流することに
燕温泉の駐車場には結構車がとまっていたがほとんどタケノコ取り

f0223068_12320114.jpg
f0223068_12334164.jpg
大倉谷の渡渉点
まず左岸へ一回渡る

f0223068_12353502.jpg
次に右岸へ渡り

f0223068_12362586.jpg
もう一回左岸へ渡る
雪代で結構増水している

f0223068_12381361.jpg
f0223068_12391400.jpg
大倉池あたりから残雪

f0223068_12403977.jpg
f0223068_12412484.jpg
f0223068_12415614.jpg
長助池

f0223068_12430536.jpg
f0223068_12433063.jpg
f0223068_12440184.jpg
大倉乗越側からの土砂崩れで登山道が埋まっている
この先雪渓となりGPS頼りで進む

f0223068_12481571.jpg
分岐からしばらくは雪渓

f0223068_12494032.jpg

f0223068_12500984.jpg
ようやく妙高山頂上

f0223068_12505699.jpg
しばらくしてみんなもやってきた

f0223068_12515013.jpg
重い鉄板を担いできていただき豪華な焼肉が振る舞われた

f0223068_12541097.jpg
三田原山をバックに下山

f0223068_12551777.jpg
燕温泉へ

f0223068_12561313.jpg

# by sinoyosi | 2017-07-09 12:25 | | Comments(0)

7月6日 漁師ヶ原発電所

f0223068_17365408.jpg
梅雨の晴れ間
のんびりとクルクルサイクリング
57.3km 19.0km/h

# by sinoyosi | 2017-07-06 17:35 | バイク | Comments(0)

7月2日  蓼科山

f0223068_08182044.jpg
雨の北陸から信州へ
明け方まで雨がぱらついていたが登山口に着くと雨は止んだ

f0223068_08201927.jpg
雨上がりで涼しく虫もいない
新芽が美しい

f0223068_08212486.jpg
上部はガスに覆われ風もある

f0223068_08224739.jpg
蓼科山頂上

f0223068_08233763.jpg
下り始めると晴れてきた
帰りは上田・長野・白馬とドライブ

# by sinoyosi | 2017-07-02 08:16 | | Comments(2)

6月29日 寺家公園

f0223068_16520824.jpg
八尾から大沢野へ周回
むし暑かった
41.4km 20.4km/h

# by sinoyosi | 2017-06-29 16:49 | バイク | Comments(0)

6月25日  折立へ下山

予報通り未明から雨
朝食を頂いてからゆっくり下山
昼前には白樺ハイツで温泉に入ってのんびりできた

# by sinoyosi | 2017-06-25 07:44 | | Comments(0)

6月24日  太郎平小屋

f0223068_07174392.jpg
大阪のMさんご夫妻から太郎平小屋でご一緒しましょうとお誘いを受ける
この時期小屋は暇でスタッフのみんなともゆっくり飲める
というわけで昆布締めを仕込み一升担いで行ってきた
登りでは小さな虫がまとわりついて煩い
ハッカ油をふりかけながらでも目や鼻や口や耳に入ってくる
防虫ネットか蚊取り線香が必要だ
ぼちぼち花も咲いているので写真を撮りながらのんびり歩く
白い花はなかなかピントが合わない
半分以上はピンぼけだった

f0223068_07255663.jpg
f0223068_07264541.jpg
f0223068_07271760.jpg
f0223068_07274197.jpg
f0223068_07284350.jpg
小屋に着くとみいさんがお出迎え
さっそく生ビール

f0223068_07302088.jpg
食堂には炬燵
なにわのMさんご夫妻

f0223068_07324623.jpg
担いでこられたシャンパン
山で飲むのは格別

f0223068_07353675.jpg
太くて立派な行者にんにく
ここでしか食べられない

f0223068_07364415.jpg
いつも美味しい小屋食
明日は雨予報で下山するだけ
スタッフのみんなとゆっくり飲んだ

# by sinoyosi | 2017-06-24 07:16 | | Comments(0)

6月22日 山田

f0223068_17361067.jpg
富山も梅雨入りしたがいい天気
暑すぎず爽やかな気候
往復43.5km 20.1km/h


# by sinoyosi | 2017-06-22 17:35 | バイク | Comments(0)

6月18日  白山

f0223068_12222246.jpg
別当出合
登りは砂防新道

f0223068_12242007.jpg
f0223068_12244996.jpg
f0223068_12251051.jpg
f0223068_12260369.jpg
甚之助避難小屋手前から雪渓

f0223068_12265926.jpg
甚之助には寄らず雪渓を直登
小屋と別山

f0223068_12274996.jpg
十二曲がりへのトラバース

f0223068_12282784.jpg
十二曲がり
半分ほど夏道が出ている

f0223068_12292130.jpg
弥陀ヶ原

f0223068_12302199.jpg
室堂で休憩
山ヤのゲンゴロウ一家と歓談
ビールごちそうさま

f0223068_12324863.jpg
御前峰へ

f0223068_12333408.jpg
剣ヶ峰と大汝峰

f0223068_12345156.jpg
室堂

f0223068_12360682.jpg
観光新道を下山
雪渓は足スキー

f0223068_12370301.jpg
殿ヶ池避難小屋

f0223068_12380281.jpg
f0223068_12382656.jpg
f0223068_12385062.jpg
急坂をヘロヘロになって下山

# by sinoyosi | 2017-06-18 12:20 | | Comments(2)

6月15日 久婦須川ダム

f0223068_18005535.jpg
八尾の町中から同じ方向のローデイが前にいたので後を追う
追いつくことなくちぎられたがおかげさまでたれずにダムまでのぼられた
51.47 km 19.7km /h


# by sinoyosi | 2017-06-15 18:01 | バイク | Comments(0)

6月11日  薬師岳開山祭

f0223068_12375286.jpg
きれいに晴れ渡りいい天気となった
雪はカチカチになっているが薬師峠からの上りにはステップが切ってあるのでアイゼンなしで登られる

f0223068_12411887.jpg
薬師平から上に登る頃には雪は緩んでくる

f0223068_12423001.jpg
肩の小屋から上は夏道どおり
晴れてはいるが北風が強く寒い

f0223068_12434270.jpg
頂上で肩の小屋組と合流

f0223068_12451074.jpg
お経をあげていただく

f0223068_12460721.jpg
礼拝

f0223068_12464015.jpg
帰り避難小屋から下は雪上を足スキー

f0223068_12473015.jpg
肩の小屋の遠く向こうに白山

f0223068_12491207.jpg
太郎平小屋で行者にんにく入りカレーを頂いて下山

# by sinoyosi | 2017-06-11 12:35 | | Comments(0)

6月10日  太郎平小屋

折立からずっと雨風で小屋に着く頃には濡れ鼠
なのでカメラはザックに仕舞いっぱなしで写真なし
開山祭の宴会に合流し美味しい骨酒と行者にんにくを頂く
夜には雨は上がった


# by sinoyosi | 2017-06-10 12:28 | | Comments(0)

6月4日  立山

f0223068_12215088.jpg
室堂はガスで小雪が舞っている

f0223068_12231155.jpg
室堂山荘からブル道沿いに雷鳥沢へ滑り込む
小屋の裏からノルディック集団が現れ雷鳥沢へ滑っていった

f0223068_12255970.jpg
2日前の降雪で雪面は綺麗だが
フラットライトで雪面がわからない

f0223068_12274707.jpg
雷鳥沢
縦溝が激しい

f0223068_12284683.jpg
ノルディック集団は高校生
一緒に雷鳥沢を登る

f0223068_12295959.jpg
急登もスケーティング

f0223068_12310417.jpg
雷鳥沢上部は少しクラスト

f0223068_12322590.jpg
剱御前小舎で休憩しガスが晴れるの待つ

f0223068_12344786.jpg
面ツルの雷鳥沢へ

f0223068_12355906.jpg
浅いパックスノーで快適

f0223068_12375110.jpg
この時期こんないい条件は初めて

f0223068_12394280.jpg
f0223068_12422135.jpg
下部の縦溝も埋まっている

f0223068_12460139.jpg
上を振り返る

f0223068_12472078.jpg
下部は少しストップ雪

f0223068_12484981.jpg
室堂山荘へ登り返し

f0223068_12502090.jpg
室堂山荘に挨拶して帰った
まだまだ滑られるがこれでスキーは終了

# by sinoyosi | 2017-06-04 12:20 | 山スキー | Comments(0)

追悼 グレッグ オールマン

f0223068_22064239.jpg

# by sinoyosi | 2017-06-02 22:03 | music | Comments(5)

6月1日 笹津

f0223068_18352785.jpg
4時からちょっと出動
29.95km 22.4km/h

# by sinoyosi | 2017-06-01 18:32 | バイク | Comments(0)

5月28日  薬師岳

f0223068_12512286.jpg
薬師平への登り

f0223068_12530015.jpg
薬師平から上ノ岳

f0223068_12541174.jpg
肩の小屋から右俣

f0223068_12555253.jpg
避難小屋から東南尾根
黒岳 槍ヶ岳

f0223068_12570934.jpg
偽薬師

f0223068_12574824.jpg
薬師岳山頂

f0223068_12583156.jpg
金作谷カールへ

f0223068_13010789.jpg
f0223068_13023377.jpg
f0223068_13030164.jpg
f0223068_13034699.jpg
f0223068_13042608.jpg
シールで登り返し

f0223068_13050991.jpg
金作谷カールと北薬師

f0223068_13074398.jpg
避難小屋から肩の小屋へ

f0223068_13094252.jpg
薬師平へ

f0223068_13102388.jpg
小屋でラーメンを頂いて下山
これで今シーズンのスキーは終了

# by sinoyosi | 2017-05-28 12:49 | 山スキー | Comments(0)

5月27日  太郎平小屋

f0223068_12293386.jpg
営業前の小屋にお邪魔してきた
折立から板と靴を担ぐ

f0223068_12304982.jpg
アラレちゃんを過ぎドラえもんの手前からシール登行

f0223068_12324357.jpg
積雪計ポール手前から雪が消える
しばらくしてまた雪上を行くがだらだら坂は雪はない
左側を巻けば雪が繋がっているのはわかっていたが
遠回りになるしガスが濃くルートを外したくなかったので
板を手に持ってそのまま夏道を登った

f0223068_12385793.jpg
だらだら坂から上は小屋まで雪が繋がっている
小屋に着くまでずっとガスだった

f0223068_12403117.jpg
4時間かかって小屋に到着
さっそく小屋の皆さんと宴会
薬師沢の岩魚で骨酒

f0223068_12415590.jpg
行者ニンニクはそのまま味噌をつけて
岩魚も行者ニンニクもスタッフが決死のおもいで渡渉して採ってきてくれたもの
有難く頂いた

# by sinoyosi | 2017-05-27 12:28 | 山スキー | Comments(0)

5月26日 桐谷

f0223068_17210182.jpg

昼から晴れていい陽気となった
f0223068_17210488.jpg

久婦須川ダム周回路は通行止め
53.77km 20.0km/h
# by sinoyosi | 2017-05-25 17:17 | バイク | Comments(0)

5月21日  鑓ヶ岳

f0223068_12191441.jpg
猿倉荘から登山道を歩く
林道に上がるところに残雪
林道も所々残雪あり

f0223068_12204441.jpg
登山口からしばらくは雪がない

f0223068_12213413.jpg
猿倉台地から雪は繋がる
藪が起き始めていて煩い

f0223068_12333515.jpg
小日向のコルへ

f0223068_12344088.jpg
小蓮華山と金山沢

f0223068_12355273.jpg
白馬岳

f0223068_12363718.jpg
コルから鑓ヶ岳

f0223068_12372378.jpg
湯ノ入沢源頭部へ滑降

f0223068_12391373.jpg
鑓温泉へ

f0223068_12402085.jpg
鑓温泉

f0223068_12412783.jpg
更に上へ
シールの接着面がびしょびしょになってくっつかなくなってしまいシートラーゲン

f0223068_12435068.jpg
稜線近くでは湿雪ラッセルとなり消耗

f0223068_12452279.jpg
稜線直下で登山道に合流

f0223068_12462138.jpg
稜線に出たところ

f0223068_12473706.jpg
6時間半かかって鑓ヶ岳頂上

f0223068_12500684.jpg
杓子岳 白馬岳

f0223068_12505568.jpg
立山 剱岳

f0223068_12524762.jpg
唐松岳方面

f0223068_12533010.jpg
頂上より少し下がったところからエントリー

f0223068_12543971.jpg
大斜面を滑降

f0223068_12555158.jpg
フラットで緩んだザラメ

f0223068_12573485.jpg
デブリもなく比較的きれい

f0223068_12580592.jpg
鑓温泉
以前はとても熱かったがこの日はちょうどいい湯加減
温泉から上がるとどっと疲れが出て脚が重くなった
小日向のコルへの登り返しがいつもながら辛い
f0223068_12592568.jpg
最後猿倉台地へは降りず長走沢を滑った
林道手前で流れが出ているが林道まで滑ることができ
林道も路肩に残った残雪を繋いで登山口近くまでスキーで行けた
今週はもう無理だろう

# by sinoyosi | 2017-05-21 12:21 | 山スキー | Comments(0)

5月18日 笹津

f0223068_16303752.jpg

風薫る
半袖レーパンで気持ちいい
37.7km 21.4km/h
# by sinoyosi | 2017-05-18 16:27 | バイク | Comments(0)

5月14日  御山谷 浄土山

f0223068_12242241.jpg
7時20分のケーブル
9時前スタート
すでに雪は緩んでいる

f0223068_12253682.jpg
祓堂から一ノ越への登り
雪が多く雪面もきれい
傾斜も緩くなっていて
例年ガリガリで苦労するところも
シールでクトーなしで直登

f0223068_12300414.jpg
1時間弱で一ノ越

f0223068_12312679.jpg
御山谷へ滑降
広大な斜面
きれいな雪面
よく滑るザラメ

f0223068_12361415.jpg
f0223068_12370838.jpg
左に東一ノ越へのトラバースルート

f0223068_12395855.jpg
f0223068_12413518.jpg
f0223068_12432359.jpg
2000まで滑って終了

f0223068_12442672.jpg
右が御山谷 
左が鬼岳と獅子岳へのコルに突き上げる谷

f0223068_12460698.jpg
御山谷登り返し
広大な御山谷
行っても行ってもなかなか景色が変わらないので疲れる

f0223068_12480383.jpg
龍王岳東面

f0223068_12484080.jpg
鬼岳 獅子岳

f0223068_12493901.jpg
一ノ越から浄土山へ
途中5メートルほど雪切

f0223068_12510348.jpg
浄土山 山頂

f0223068_12544268.jpg
北面の急斜面に飛び込む

f0223068_12561624.jpg
f0223068_12572229.jpg
下部はここだけストップ雪

f0223068_12584163.jpg
室堂まで滑り込んで終了

f0223068_13000559.jpg
ターミナルは外国人観光客で大混雑
日本人は1割ほど
ケーブルの整理券も出て美女平でしばらく待たされた
もうアルペンルートはいいかな


# by sinoyosi | 2017-05-14 12:22 | 山スキー | Comments(0)

5月7日 下山

f0223068_13295844.jpg
小屋の皆さんお世話になりました

f0223068_13310823.jpg
朝一番で雪はガチガチ

f0223068_13320143.jpg
最後はいつもの右の谷を下降
3つの滝は全部出ていた

f0223068_13330448.jpg
折立からトンネルの先まで歩いて終了
お疲れ様でした

# by sinoyosi | 2017-05-07 13:28 | 山スキー | Comments(0)

5月6日  上ノ岳手前から薬師沢左俣

f0223068_13132713.jpg
予報通り朝から雨
昼過ぎ小降りになったので出動

f0223068_13143952.jpg
上ノ岳手前の2576通称トンビ岩を目指すが濃いガスでわからず

f0223068_13174318.jpg
1時間ほど登ったところで目の前の美味しそうな斜面に滑り込んだ
どんどん下っていくと昨日と同じ左俣に合流
第3渡渉点から登り返し
最後は土砂降り

f0223068_13224510.jpg
連休最終日でお客さんは我々を入れて9名
夕食は小屋の皆さんと一緒に宴会
会長の音頭で乾杯

f0223068_13243683.jpg
今年の連休は殊の外食事が美味しかった


f0223068_13254900.jpg
高橋シェフの揚げたてポテトチップス

f0223068_13264381.jpg
若旦那 ありがとうございました




# by sinoyosi | 2017-05-06 13:11 | 山スキー | Comments(0)

5月5日  上ノ岳



f0223068_12244738.jpg
小屋の前で記念撮影
レンズフィルターが曇ってた

f0223068_12271263.jpg
太郎山を越えたところ
雪はカチカチではなくウロコで登られた

f0223068_12330276.jpg
振り返ると薬師岳に笠雲がかかっている
天気予報では明日は雨
当初黒部源流か高天原でテントの予定だったが取りやめ

f0223068_12362596.jpg
上ノ岳から黒部五郎岳
ここから薬師沢左俣へ

f0223068_12392675.jpg
斜面に飛び込むと重いグサ雪
それでも広大な斜面は気持ちいい

f0223068_12413699.jpg
f0223068_12430535.jpg
f0223068_12440825.jpg
f0223068_12451567.jpg
f0223068_12463033.jpg
f0223068_12474703.jpg
f0223068_12490173.jpg
三段滝のところ

f0223068_12504179.jpg
左俣終盤

f0223068_12512542.jpg
第3渡渉点まで滑り込んで終了

f0223068_12532426.jpg
シールで薬師沢登り返し

f0223068_12543398.jpg
最後尾根を詰めて太郎平に出る

f0223068_12554189.jpg
小屋に着いたら外で宴会

f0223068_12565035.jpg
この日2名下山

f0223068_12574263.jpg
若旦那も出動

f0223068_12584219.jpg
部屋に戻って二次会
星山のホルモン

f0223068_12594409.jpg
いつも好評なコシアブラの昆布締め

f0223068_13004218.jpg
スナさんのヤクイコパーティと宴会
ダフ屋・テキ屋・エロ教師・演歌歌手・ポン引き・結婚詐欺師・キャバ嬢だそう
ちなみに小生はヤブ医者
久しぶりに腹の底から笑わせていただいた

# by sinoyosi | 2017-05-05 12:23 | 山スキー | Comments(2)

5月4日  薬師岳

f0223068_13103688.jpg
今日は薬師岳を目指す

f0223068_13134634.jpg
薬師平からの登りで上ノ岳
薬師沢へ向けていい斜面がたくさん

f0223068_13173429.jpg
手前薬師沢右俣
奥に黒部五郎岳から槍ヶ岳

f0223068_13205790.jpg
肩の小屋への登り
大斜面が広がる

f0223068_13225575.jpg
肩の小屋から避難小屋への尾根
右が右俣源頭部

f0223068_13243484.jpg
避難小屋から薬師岳頂上への稜線
この時期避難小屋の上まで出てしまえばずっと雪がつながっている

f0223068_13264230.jpg
2時間弱で薬師岳

f0223068_13280580.jpg
祠の横から金作谷カールに飛び込む


f0223068_13312401.jpg
滑り出しはかなり急

f0223068_13330317.jpg
重い湿雪

f0223068_13353815.jpg
しばらくすると斜度は緩んで広い快適な斜面となる

f0223068_13380665.jpg
北薬師側へ登り返し

f0223068_13392220.jpg
2回目の薬師岳山頂

f0223068_13402581.jpg
避難小屋から右俣を滑降

f0223068_13423914.jpg
斜度が緩んだところまで滑って薬師平の上へ登り返し

f0223068_13435949.jpg
薬師平への大斜面を滑る


f0223068_13470077.jpg
薬師峠まで滑って小屋へ登り返して終了

f0223068_13473785.jpg
能登半島に沈む夕日

f0223068_13484099.jpg
スナさんのヤクイコメンバー

f0223068_13492844.jpg
関野さんの定番

f0223068_13501274.jpg
この日は連日の疲れで早々に就寝


# by sinoyosi | 2017-05-04 13:53 | 山スキー | Comments(0)

5月3日  太郎平小屋へ

f0223068_12333661.jpg
連休初日
いい天気で半袖
テント装備で本番が一番重くなった
折立のトンネルを抜けたところの橋で


f0223068_12354701.jpg
アラレちゃんを過ぎたところ
ワインとパンで入山祝い

f0223068_12383542.jpg
積雪計ポールを過ぎた鞍部で
一緒になった旭ガイドパーティ

f0223068_12392153.jpg
宴会2回目

f0223068_12404846.jpg
五光岩ベンチを過ぎたところ

f0223068_12510168.jpg
6時間半かかって小屋到着

f0223068_12522446.jpg
早速部屋で宴会
吉井巨匠が担いできた1升瓶

f0223068_12535588.jpg
3回の歩荷で酒は十分

f0223068_12560664.jpg
小生の仕込んだワラビとミョウガの昆布締め
ワラビは1週間締めたもの


f0223068_12582517.jpg
アオリイカ

f0223068_12585706.jpg
アカダイ

f0223068_12593993.jpg
こちらは会長が仕込んだワラビ
1日締めたものでこれも美味しい

この日小屋は90名
前日入ったみいさんたちとも再会
長井ガイドも顔を出してくれた



# by sinoyosi | 2017-05-03 13:07 | 山スキー | Comments(0)

4月29日  太郎平小屋

f0223068_12182029.jpg
連休の荷揚げ第2弾
林道の除雪は鉄管路取り付きまで
登り始めは暑いくらいだったが
予報通りだらだら坂から雨ではなく吹雪
登りは団子で下りはモナカ
本番が待ち遠しい

# by sinoyosi | 2017-04-29 12:16 | 山スキー | Comments(0)

4月23日  太郎平小屋

f0223068_12224333.jpg
太郎平小屋は25日小屋開けし連休中営業する
それに備えてこの日食料品の歩荷を行なった
有峰林道の除雪は有峰手前まで
林道は融雪水が凍結してツルツル

f0223068_12271586.jpg
シールでスタート

f0223068_12280101.jpg
有峰から先大きく右にカーブするところはショートカット
雪面はでこぼこ

f0223068_12302854.jpg
鉄管路を登る
朝一はクラストしてガリガリ

f0223068_12332469.jpg

f0223068_12344824.jpg
折立キャンプ場

f0223068_12352060.jpg
折立の小屋とトイレ

f0223068_12362517.jpg
夏道沿いを登る
ここはいつもクラストしていててこずる

f0223068_12374027.jpg
30キロ歩荷の若旦那

f0223068_12382334.jpg
アラレちゃん
看板は出ていた

f0223068_12394629.jpg
三角点
雪は緩んできた

f0223068_12410333.jpg
積雪計ポール
この辺りは広大な雪原となっている

f0223068_12424966.jpg
だらだら坂で上から金沢のドクターが滑ってきた

f0223068_12443834.jpg
だらだら坂の登り
久しぶりの重荷に喘ぐ

f0223068_12455401.jpg
五光岩ベンチをすぎたところで小屋の屋根が見えてきた

f0223068_12474297.jpg
登ってきたところを振り返る

f0223068_12485644.jpg
7時間かかって小屋到着
積雪は例年並みか

f0223068_12501880.jpg
薬師岳
稜線の雪が少ない

f0223068_12510311.jpg
水晶岳と雲ノ平

f0223068_12513954.jpg
上ノ岳と黒部五郎岳

f0223068_12524146.jpg
太郎山にシュプールが一つ

f0223068_12535663.jpg
小屋から滑降
よく滑るフィルムクラスト

だらだら坂は面ツルで最高だった
f0223068_12553784.jpg
f0223068_12564082.jpg
f0223068_12585484.jpg
f0223068_12594594.jpg
f0223068_13004818.jpg
f0223068_12574768.jpg
f0223068_13020321.jpg
f0223068_13025665.jpg
こんないい条件で滑ったのは初めてだった

f0223068_13035175.jpg

# by sinoyosi | 2017-04-23 12:21 | 山スキー | Comments(0)