5月8日 室堂

天気予報を信じて室堂まで上がってみたが
強風とガスでとても上に登る状況ではなかった

単独のサブちゃんは強風で一の越敗退
f0223068_74058.jpg




称名川源頭からブル道を雷鳥沢キャンプ場まで滑ってみたが天候は回復せず
f0223068_74217.jpg





再び室堂までシールで登りかえして撤収
f0223068_7421431.jpg




千寿ヶ原までおりると快晴
家に帰ってからジョグ6キロ
久しぶりのランニングで脚が重かった
by sinoyosi | 2011-05-08 07:38 | 山スキー | Comments(4)
Commented by 太田雪舞 at 2011-05-09 22:29 x
金剛堂山でお会いできたサブさんはゴム長でした。
室堂でもゴム長とはスバラシイ!
当人、アノ風で、室堂Tの出口でウロウロしていました。
Commented by sinoyosi at 2011-05-10 07:42
山やさんでまともに滑れる人はまずいませんね
アルペンスキーの方は滑りを見ればすぐわかります
幹事長素晴らしいです
小生も学生時代競技スキーを少しやっていましたがステンマルクや海和の時代で今とはテクニックが全然違います
ただ今両脚スキー操作が滑りのテーマです
Commented by 太田雪舞 at 2011-05-10 22:07 x
スイマセン、またお邪魔してしまいました。
当人、今でも外足重視を貫いています。
神様ステンマルク!、神風海和!、付け加えれば岩谷のヒゲおやじ!
ジラルデリやピルミンが、小さく見えた時代でした。
Commented by sinoyosi at 2011-05-11 07:43
サロモンスキーナウなんて番組もありました
ちょうど学生時代バブルの真っ只中
私をスキーに連れてっての世界を地で行っておりました
思えば幸せな時代でした
<< 5月9日 5月7日 久婦須川ダム >>